協会の概要

ごあいさつ

浜松市私立幼稚園協会 会長 水野 明

平成26年度より浜松市私立幼稚園協会の協会長を仰せ付かっております水野明と申します。サイトリニューアルに際し、一言ごあいさつ申し上げます。

このサイトは浜松市内の52か園の私立幼稚園および、学校法人立の認定こども園で構成されております浜松市私立幼稚園協会加盟園をご紹介するサイトです。この10年間浜松市の子ども人口も急速に減少し、毎年、浜松市私立幼稚園協会加盟園の園児数合計は、約200名ずつ減少しているような状況です。ここ浜松市でも例外なく少子高齢化社会を迎えており、幼稚園は運営上の大きな課題を抱えていると言わざるを得ません。しかしながら全20市を数える政令指定都市の中では、保護者の方の幼稚園指向率は断然高く、割合として多くのお子さんを幼稚園でお預かりできている状況です。これも私たちの先人が質の高い幼稚園教育を目指して奔走し、しっかりとその基礎を作り、公的教育機関としての立場を確立してくれた賜物と思っております。そしてその価値を、長い年月の中で保護者の皆様から認めていただき、またご支援いただき、地域に愛される私立幼稚園として運営を続けてきた成果と思っております。各園がそれぞれに開園者の建学の精神を胸に刻み、保護者の皆様からもご信頼をいただく中で、大切なお子さんをお預かりし、そして小学校に送り出していく。この過程はこれからも大切に受け継いでいくべきものであると考えています。

現在は男女共同参画社会を目指して、女性の社会進出がさかんに奨励される時代です。それ自体はもちろん望ましいことではありますし、働く女性の存在を否定するものでは決してありませんが、育児が家庭に放棄され、他者に完全に委託されるようでは、日本に未来はありません。乳幼児期に両親からあふれるばかりの愛情を受け、幸せいっぱいに過ごした子どもにこそ、明日の日本を支える活力が育つと確信してやみません。私たち私立幼稚園の教職員一同は、子どもたちの健やかな成長のために日々努力を重ねております。ぜひ私立幼稚園をお子さんの初めての社会生活の場としてお選びいただき、共に子どもの素晴らしい成長を見守りましょう。このサイトがそのための幼稚園選びの一助となりますことをお祈りいたします。

平成27年7月記

会長と子どもたち

協会概要

幼稚園ってどんなところ?

幼稚園とは、学校教育法に定められた教育機関であり、小学校や中学校などと同様、学校のひとつです。子どもたちが親から離れ、同じくらいの年齢集団の中で遊びや生活を通して学び、様々な経験をすることにより大きく成長する、その過程を援助し、見守っていくことが、幼稚園の目的です。私たちはこの目的のために、園の教育環境を整備し、教師を集め指導し、保護者の皆さんよりお子さんをお預かりし、日々教育にあたっております。

保育所とどう違うの?

幼稚園と同じように小学校入学前のお子さんをお預かりする施設に保育所がありますが、保育所は就労される保護者の家庭教育を補うために運営されている福祉施設であり、幼稚園のような学校教育機関ではありません。同じように思われるかもしれませんが、幼稚園とは目的が異なり、保育の内容にも違いがあります。

ただし、多くの幼稚園が放課後に預かり保育を実施しております。これには保護者の就労を支援するという意味もありますので、幼稚園教育に預かり保育をプラスすることで、働くお母さんたちの子育て支援の役割も果たしています。ですので、働くお母さんたちにも幼稚園を選んでいただくことはできるのです。

私立? 公立?

幼稚園には公立幼稚園と私立幼稚園がありますが、両方とも小学校進学前のお子さんを対象として集団教育を行なう教育施設であることにはかわりはありません。公立幼稚園は浜松市のような市などが運営しているのに対して、私立幼稚園は主として学校法人が設置し、運営しています。いわば民間企業のようなものですが、当然、公的教育を担うものですので、県や市町などから補助金をいただき、地域の幼児教育に尽しています。そして私立幼稚園はひとつひとつがそれぞれに独立した幼稚園ですので、それぞれに創設者の熱い思いが込められて開園されており、また各幼稚園ごとに理事長・園長先生の教育理念の下、特色のある教育が展開されています。そしてまた私立幼稚園は、保護者の方から選んでいただきお子さんを預けていただいている教育機関であることに誇りを持ち、一教職員にいたるまでその意識を強く感じ、常に教育に情熱を持ってあたっております。

こども園って?

認定こども園は、幼稚園と保育所の機能を融合した施設であり、ひとつの施設でありながら保護者のニーズに応じて、子どもたちへの教育と福祉の両方の目的を達成するために運営されています。こちらにも公立と私立がありますが、現在、浜松市内には、公立のこども園はまだひとつもありません。

また、私立のこども園は学校法人だけでなく、社会福祉法人立や株式会社立のものあります。こども園にもいくつかタイプがありますので、詳しくは興味を感じたこども園がありましたら、直接お尋ねいただければと思います。

子ども子育て支援新制度について

平成27年4月1日より、子ども子育て支援新制度がスタートいたしました。
新制度の園では保育料が応能負担になるなど、従来の幼稚園と一部違った制度になっています。
現在、市内には新制度の幼稚園・こども園、従来通りの幼稚園が存在しています。
各園がどの制度で運営されているかは「幼稚園をさがそう!」の幼稚園一覧からご確認下さい。
新制度につきまして詳しくは新制度案内パンフレットをご覧ください。

詳細はこちら

私立幼稚園協会って?

現在、浜松市内には、学校法人が設置・運営している私立幼稚園と認定こども園が、あわせて52か園ございます。これらがお互いに協力し合って振興に努め、切磋琢磨し合って互いに教育力を高め、明日の浜松市を担う子どもたちの教育のために手を携えていくことを目的として、昭和46年に、浜松市私立幼稚園協会が設立され、以来、長く運営されております。自分たちの教育理念の実現のために行政等にお願いをしたりすることは、ひとつの幼稚園からではなかなか難しいことですが、多くの園が集まり、また経営者や教師だけでなく保護者の方々にもご協力いただき、より大きな声としてお願いをするために、組織としてのまとまりが必要となってきます。また先生たちの研修活動においても、多くの先生たちが集まることにより、より規模の大きな内容の豊かな研修活動が実施でき、それだけ各園の教育力が高まることとなります。ひとつひとつの園では難しいことも、多くの園の先生たちが手を携えていくことにより、可能になることはたくさんあります。こうして私たちは協会を運営し、私立幼稚園の明日のために力を合わせています。

なお、浜松市私立幼稚園協会の他に、県内の団体として静岡県私立幼稚園振興協会が、また全国規模の団体である全日本私立幼稚園連合会があり、それぞれの規模に応じて活動しています。また平成27年度からは、浜松市私立幼稚園協会は政令指定都市私立幼稚園団体協議会という団体に加盟し、都市部の私立幼稚園の振興のために協力し合っていくこととなりました。

お父さん・お母さんの子育てを応援します

就労だけでなくいろいろな理由により、お子さんがまだ小さいうちから保護者の方の手から離れ、保育所に預けられるということもあろうかと思いますが、お子さんがお父さん・お母さんと十分な時間を一緒に過ごすことにより、しっかりとした親子関係を形成していくことができ、それはお子さんの情操の育ちにとって、とても重要なことと考えます。幼稚園はお父さん・お母さんの家庭での子育ても応援しています。幼稚園に入ってからはもちろん、入る前にも、多くの幼稚園がいろいろな親子参加型事業を企画していますので、ぜひご参加ください。各園の未就園児事業に関しましては、浜松市私立幼稚園協会がご案内させていただきます。協会のホームページ等をぜひご覧ください。

 

委員会の紹介

浜松市私立幼稚園協会は各幼稚園の代表者によって構成、運営されています。そして各先生方は7つの委員会に所属し、それぞれ分担された役割を受け持ちます。

総務委員会

本委員会は浜松市私立幼稚園の中枢として、協会全体の運営を検討するとともに、浜松市との連携を密にして、幼児教育や就学前教育の推進に努めています。
また、永年勤続表彰式典、理事長・園長の研修会を開催する等、私立幼稚園の向上を目指しています。

経理委員会

経理委員会は、浜松市私立幼稚園協会の活動にかかる経理事務全般を担当しています。また浜松市より浜私幼加盟各園に交付される各種補助金が円滑かつ適正に交付されるよう、諸手続きの取りまとめをしています。

経営委員会

私立幼稚園の経営が、よりよい方向に展開できるよう研究したり、研修会なども開催します。

研修委員会

浜私幼の各園教師一人ひとりの、資質や指導力及び幼稚園の教育力を高めることをねらいとした実技研修や講演会を企画、実施します。
また、各園がグループに別れ共通テーマを元に研究を進めています。

安全厚生委員会

園児の安全に関する講習会等を消防署や警察署などの外部の関係機関とも連絡をとりながら企画、実行を行っています。
また、毎年秋に全私立幼稚園参加のもとに行われる「親子ふれあい子育てフェスティバル」の企画、運営を行っています。

広報委員会

幼稚園協会の活動、各幼稚園の保育内容、保護者の声など、幼稚園の“今”をお知らせすることを目的に「浜私幼だより」という広報誌を年3回発行しています。
また、幼稚園協会のホームページを運営・管理し、多くの方々への情報の発信に努めています。

特別委員会

新規教員採用審査会を実施します。 またその他特別委員会も臨時に開かれます。